ここでは「吹奏楽部の存在は知っているけれども、吹奏楽部が何をしているか分からない」という方向けに、書いていきます。
細かい吹奏楽の知識などは、ここでは書く予定はございません。

 

吹奏楽とは?

吹奏楽部は管楽器・打楽器をで構成された、オーケストラと考えてください。ブラスバンドや、ウィンドオーケストラ(アンサンブル)と言われたりします。体育会の部活動で、応援してくれてるアレです。
管楽器は、トランペットや、フルート、クラリネットなどの、金か、銀が、黒の吹く楽器。 打楽器は、太鼓やマリンバなどの叩く楽器を指します。その為、バイオリン、チェロなどの弦楽器(弓で弾く楽器)は、出てくることはないと考えてください(コントラバス以外)。どんな楽器が使われているかは、いずれどこかに書いておきます。
吹奏楽は基本的に人に聴いてもらうことによって成り立つものです。人に聴いてもらうことによって、緊張感・感動・達成感を味わえる、発表の場に向けて活動していると考えていただいて構いません。

吹奏楽部は、何をするの?

上記の通り、吹奏楽は、発表の場に向けて練習していくと言いました。基本的に吹奏楽部は、以下のフローで構成されていきます。

体育会系出身の方は、「練習・合奏」=「筋トレ・練習」 「演奏会・コンクール」=「大会」と考えてよいです。
では次は気になる、吹奏楽部の一年間の流れやイベントについてです。

 

また詳しく
吹奏楽がどんなものなのかについては
動画など見ていただいた方が早いです。

そもそも、吹奏楽って?

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です